CONNEXT―そうだ、旅に出よう!―

海外/国内を女1人旅!(たまに友達と)「人生は旅である」をモットーに何事も楽しんでチャレンジ!

カンガルーと行く!女子1人旅《ホーチミン最終日~台北5泊6日編》―1日目―

常夏の国々から、今までで一番日本と近い国への移動。

台湾は台北、いざ美食の国へ!

 

まずはホーチミン最終日、この日はほぼ移動だけに費やしたのですが、空港へと出発したのは午前10時半頃。

 

 

最初からかなり時間に余裕を見てはいましたが、バスだと時間が不安定なのを考慮してタクシーで空港へ向かうことに。

しかしぼったくりなどが怖かったので、Uberを使ってみました。

 

宿泊していた設備がバックパッカー街の更に細い道にあるということもあり、分かりやすい大通りに来てもらうことにして、チェックアウトを済ませると出発!

 

ホーチミンのUberはタクシーだけでなくバイクも選べるので、かなり国ならではですね。

もちろんバイクの方がいくらか安いようでした。

 

しかし今回はバックパッカーを背負い、リュックやパソコンも持っているので私はタクシーに。

 

Uberを待っていると、バイクに乗った歯の無いおじさんに「エアポート?」と声を掛けられ。

「ノーノー、人を待ってるんだい!」と答えるも、かなりしつこい。「そんなこと聞いてないよ! エアポートだろ?」と。

そのやり取りを数分繰り返し、やっと諦めてくれたおじさんは舌打ちをして去っていきました(笑)

 

その後すぐにUberが来て、真っ直ぐ空港へ。

もう帰る日ということもあり、お金も少々余っていたのでチップを渡し、そのままチェックイン!

 

カウンターのお兄さんに預け荷物を渡した後、「ちょっとそこのルームで待っててー。5分ぐらい?」と言われたので、何じゃそりゃ? 状態で隣にある小部屋の前で待機・・・。

すると全く同じことを言われたらしい「??」という分かりやすい顔を浮かべた人たちがだんだん集まり始めたのですがそれ以上の指示も無く、「そこのルーム」と言われた部屋はどうやらセキュリティーです。

 

これ以上待つのは時間がもったいない! と改めてカウンターの人に聞きに行くと、どうやらセキュリティーチェックで自分の荷物がクリアするかどうかを確認したら、もう搭乗口に向かっていいよという意味だったらしいです(笑)

もっと細かく説明して~!

 

そして2時間ほど空港のフードコートで過ごし、いよいよ台湾に向けて出発!

少しずつ日本に近付いて行きます!

 

f:id:worldtravel-connext:20170417021552p:plain

 

飛行機の中からの景色が一面真っ白の雲の海! 綺麗だったのでぱしゃり♡

 

f:id:worldtravel-connext:20170417021624p:plain

 

それから爆睡して、目が覚めたらもう日が沈みかけていて、向こう側に沈んでいく夕陽に想いを馳せるアラサー女子。

この地平線の向こうにはどんな国があるんだろう・・・。

 

f:id:worldtravel-connext:20170417021728p:plain

 

そしてホーチミン出国から3時間ちょっと、ついに台湾に到着致しました!

早速ウェルカムされています。これは期待出来るぞ、台北!

 

今回は5泊6日と長く、日本に近いとは言え中国語圏に行くのは初めてなのでほんの少しだけ緊張しています。

 

しかし無事に入国審査も終え(かなり並んだ)、預けた荷物も受け取りまずはホテルに向かって出発です。

 

私が到着したのは台湾桃園国際空港

ここから台北まで移動するには主に3つの方法があります。

 

まずはタクシー

こちらは使っていないので値段はちょっと分かりませんが、大勢で移動するときなどは便利かもしれませんね。

 

そして電車

割と正確な時間でタクシーほどお金をかけたくないという方にお勧めです。桃園空港線で行くことが出来ます。

 

最後にバス

これは私が使った方法です。台北駅まで1時間ほどで到着するのですが、片道125元(往復だと割引あり)。國光客運というバス会社は24時間運行ですので、深夜便や早朝便で到着、もしくは出発する方には嬉しいですね。

 

私は到着してからすぐに、空港で悠遊カードEasy Card)といって、日本のSuicaのようにチャージして改札口で使うものを購入。

 

これはカード自体の金額が100元です。以前はデポジットとして帰国時に返却をすれば戻ってくるお金だったらしいですが、2017年4月現在その制度は廃止になり、この100元は購入金となっています。

 

そこから必要なだけのお金をチャージして使います。カードの柄が可愛らしい!

出口を出て目の前にあるカウンターで購入することが出来ます。

空港なので、ちゃんと日本語で書かれたEasy Cardの説明も置いてありました。

 

さて、バスに乗って1時間弱ほどでホテルへ。

今回取ったホテルは台北駅から徒歩10メートルほどの絶好の立地! 入ってみると思ったよりも汚くなくて、少しだけ安心しました。

 

もう夜だったのですが外にまだ人がたくさんいたので、ほんの少しだけ探索に出ることにして、貴重品だけ持って辺りを歩いてみると・・・。

なんと、すき家やCoCo壱番屋、吉野屋やモスバーガー、さらにはわたみん家や大戸屋など、日本企業レストランがずらり!

 

f:id:worldtravel-connext:20170417023540p:plain

 

ホテルの一階にあるセブンイレブン

 

品揃えがまさに日本。

2年振りの帰国前に一足先に日本を味わえた気分です。ラッキー!

 

30分ほど軽く散策をして、疲れた体に「おやすみ」です。

 

2日目からは日本から来る友達と合流するので、少し賑やかになりそうです!

この2週間ずっとひとりで行動していたので楽しみ!